行政書士くろちゃんの日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 報酬額の設定

<<   作成日時 : 2005/05/31 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

色んな媒体を通じて報酬の問い合わせがあります。今日も電話での問い合わせがありました。

今までの経験ですと、報酬額をまず最初に聞かれる方の仕事はほとんどしたことがありません。お客さんがお金を支払うわけですから報酬の高い安いは当然気になるところなのでしょうが、それを先ず聞かれる方というのは、内容はよりもとにかく安いのが一番と考えているようです。

凄く廉価で仕事をされている同業者もネット上では良く見かけます。どうしてその金額で出来るのかなって思うようなものも少なくありません。問い合わせの際にそのような金額を引き合いに出される方も多く、その場合には、手間がどのくらいかかるかの説明をしますが、ほぼ分かってもらえません。

作成する書類は数枚であっても調査等に時間がかかれば報酬は高くなるわけで、お客さんに理解していただけないと非常に苦しいです。また、同じ手続きでもお客さんの状況によって難易度も変わる場合もありますし、今までのお付き合いの度合いや、いやらしい話ですが今後の見込みなども考えてのことになりますから、報酬額の設定は、非常に難しいんです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
全く、同感です。
やはり皆さん同じ問題を抱えておられるのですね。

私の場合、最初は必ず相談から初め、詳しく話を聞いてからしか報酬額についてはお答えしないようにしています。

もちろんお見積もりだけの割り切ったお問合せもありますが、その時は高めに設定してしまいますね。
行政書士榊原
2005/06/01 01:03
開業してすぐに報酬額を設定しましたが、設定ミスがたくさんあって失敗したな〜と思っています。
コロコロ変えるのも良くないので、バレないように徐々に非公開にしてます^^;
食前食間食後
2005/06/01 04:36
確かに電話での問い合わせで最初に料金を聞く方の受任率は低いですね。
私は電話で金額を話さないようにしています。
ka-kunn
2005/06/01 06:59
知識の安売りは絶対に避けてほしいと思っております。
行政書士の先生方による価格破壊をその業界自体をだめに
しているのではないでしょうか。安かろう悪かろうのシステム
を行政書士の業界に定着させて頂きたいですね。
USA Tax
2005/06/01 12:03
榊原さん、こんばんは。

私の場合は概算金額を言ってしまい、状況によって上下しますという風に説明しています。詳しくは面談でと言って面談に来ていただける場合はほとんど受任、来ない場合はそれっきりですね。
くろちゃん
2005/06/01 19:29
食前食間食後さん、こんばんは。

バレないように徐々に非公開ですか〜w
実際に業務をやってみないと報酬額の設定は難しいですよね。
くろちゃん
2005/06/01 19:31
ka-kunnさん、こんばんは。

最初に報酬を聞く方の受任率は低いですよね〜。
仕事になるパターンは「手続きして欲しいんだけど、どうすれば良いですか」という感じですよね。

くろちゃん
2005/06/01 19:38
USA Taxさん、初めまして。コメントありがとうございます。

私は行政書士の商品は「知識」だと思っています。
ですから絶対に安売りはしたくはありません。
商品=知識と考えないで適正価格を通り越した価格破壊というものは、後に自分の首を絞める結果になると思います。
くろちゃん
2005/06/01 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
報酬額の設定 行政書士くろちゃんの日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる